Kregポケットホールスクリュー

「ポケットホール専用ビスであるKregスクリューの特徴は?」

「Kregスクリューとコーススレッドの違いは?」

そんな疑問をもつ方に向けて、このページではポケットホール専用ビスであるKregスクリューについて詳しく解説をしている。

Kregスクリューのサイズも把握できるように、サイズ表も掲載ししているので、ぜひ最後まで読んでほしい。

木工DIYの初心者が知っておくべきこと2選!
何かとお金のかかる木工DIY。どう資金を捻出するか、いかに支出を抑えるかは木工DIYの永遠のテーマだ。これから始められる方は、まずはこの方法を知ることが先決だ。 詳細記事はコチラ

Kregスクリューとコーススレッドの明らかな3つの差

ポケットホールジョイントには専用ビスであるKregスクリューを使用することを強くおすすめする。

コーススレッドでも代用は利くのだが、ポケットホールにはKregスクリューだ。

その理由は、コーススレッドではどうしても埋めることのできない大きな差が3つあるからだ。

  1. Kregスクリューの方が材が割れにくい
  2. Kregスクリューの方が締付力が強い
  3. Kregスクリューの方が精度が高い

コーススレッドではこの差は埋められない。

Kregスクリューだからこそ、接合の精度と締付力を最大まで高めることができるのである。

Kregスクリュー5つの特徴

百聞は一見にしかず。

Kreg社のYouTubeチャンネルで、Kregスクリューの特徴について詳しく解説されている動画がある。

Kregスクリューの良さをよく理解することができるだろうのでぜひ見てほしい。

ポケットホールをここまでDIYに普及させたのは、このスクリューの発明よるところが大きいのだ。

Kregスクリューには5つの特徴がある。

  1. Kregスクリューは専用のスクエアドライブビットを使用する
  2. Kregスクリューはネジ頭の下部分がフラット形状
  3. Kregスクリューは半ネジを採用している
  4. Kregスクリューはセルフタッピングネジになっている
  5. Kregスクリューには2つのヘッドがある

1. Kregスクリューは専用のスクエアドライブビットを使用する

Kregスクリュー専用のスクエアドライブビット

第1の特徴。

Kregスクリューは、ビットを指す部分が四角穴の形状になっている。

よってKregスクリューの取り付け、取り外しには専用のスクエアドライブビットを使用する。

この四角穴の形状は通常のプラス穴に比べ

  • しっかり入る
  • 回しやすい
  • ネジ山をなめにくい

といった特性をもつ。

2. Kregスクリューはネジ頭の下部分がフラット形状

Kregスクリューはネジ頭の下部分がフラット形状

第2の特徴。

Kregスクリューは、ネジ頭の下部分がフラットな形状になっている。

このフラットな形状は

  • 材が割れにくくなる
  • 材をしっかり締め付けることができる

といった効果をもたらしてくれる。

3. Kregスクリューは半ネジを採用している

Kregスクリューは半ネジを採用している

第3の特徴。

Kregスクリューは、半ネジを採用している。

半ネジは

  • 材がズレるの防ぐ
  • 材と材に隙間ができるのを防ぐ

効果がある。

半ネジは、精度が求められるパーツを組み立てる時に適しているのだ。

もちろん全ネジの方が、強力に締め付ける事ができる。

だがその反面、材がズレやすくなる、また材と材に隙間はできやすくなるといったデメリットも併せ持っている。

Kregスクリューは、前述したとおりネジ頭の下部分がフラットな形状になっているため、その締め付け力は補填されている。

だから半ネジタイプでも十分なのである。

4. Kregスクリューはセルフタッピングネジになっている

Kregスクリューはセルフタッピングネジになっている

第4の特徴。

Kregスクリューは、セルフタッピングネジになっている。

セルフタッピングネジは、ネジ山を刻みながら締め込むことができる形式のネジだ。

セルフタッピングネジには、

材割れを防ぐ

という大きな効果がある。

5. Kregスクリューには2つのヘッドがある

Kregスクリューには2つのヘッドがある

第5の特徴。

Kregポケットホールスクリューのヘッドは、2つのタイプがある。

  • マキシロックヘッド
  • パンヘッド

主流はマキシロックヘッドだ。

パンヘッドは、薄い材厚に使用される。

16mm以下の材厚にはパンヘッドを使用すると、そう覚えておくといいだろう。

Kregスクリューの長さが確認できるサイズ表

Kregスクリューは、板厚と材の硬さに合わせて様々なタイプが用意されている。

どのKregスクリューを選べば良いのか、長さの目安になるサイズ表を用意した。

材料(ネジ) 材の厚さ(板厚) スクリュー長さ
広葉樹(細目) 13mm(1/2インチ) 19mm(3/4インチ)
16mm(5/8インチ) 25mm(1インチ)
19mm(3/4インチ) 32mm(1-1/4インチ)
22mm(7/8インチ) 38mm(1-1/2インチ)
針葉樹/合板(粗目) 16mm(5/8インチ) 25mm(1インチ)
19mm(3/4インチ) 32mm(1-1/4インチ)
22mm(7/8インチ) 38mm(1-1/2インチ)
32mm(1-1/4インチ) 51mm(2インチ)
38mm(1-1/2インチ) 64mm(2-1/2インチ)

Kregスクリューのサイズは、板厚で選ぶと良い。

例えば

  • 1×4材であれば材の厚さが19mm(3/4インチ)のものを
  • 2×4材であれば材の厚さが38mm(1-1/2インチ)のものを

サイズ選びは、材の厚さを基準にするととても簡単なのだ。

Kregスクリューの英語表記の一覧

マキシロックヘッド Maxi-Loc Head
パンヘッド Pan Head
針葉樹 / 合板 SOFT / PLYWOOD
広葉樹 HARDWOOD

輸入品であるKreg製品は、英語表記だ。

選ぶ時に万が一にも間違わないように、ここさえ抑えておけば大丈夫という英語を日本語に訳しておいたので、サラッと一覧しておこう。

Kregスクリューを入数で探す

Kregスクリューは、100、250、500の入数から選ぶことができる。

入数ごとの検索結果にアクセスできるようにリンク集を用意したので、ぜひ活用してほしい。

さまざまなサイズを詰め合わせたタイプも用意されているので、どのサイズを選べば良いか分からない方は、この詰め合わせタイプを選べばいいだろう。

Kreg専門店でKregスクリューを探す

Kreg製品を全般的に扱う専門店を探されている方には、Japan Liebeがおすすめだ。

Japan Liebeは、人気のKreg製品をほとんんど取り揃えている。

3大ネットショッピングモール全て出店しているので、贔屓にしているショッピングモールから購入することが可能だ。

ポケットホールジョイントには治具とクランプが必須

ポケットホールジョイントには治具とクランプが必須

ポケットホールジョイントには専用の治具とクランプが必須だ。

専用の治具とクランプは、木工DIY部では世界NO1のポケットホール治具メーカーであるKreg製を推奨している。

専用の治具とクランプについては、下記の記事で詳しく解説をしているので是非そちらも合わせて参照してほしい。

まとめ

ポケットホールジョイントの専用ビスであるKregスクリューについて詳しく解説を行なった。

ポケットホールスクリューは高価なので、安価なコーススレッドをどうしても使用したい方はKregスクリューと併用すると良いだろう。

精度が必要な場面だけでKregスクリューを使うという手もある。

素晴らしい作品製作にKregスクリューをぜひ活用してほしい。

スポンサーリンク

買う前に絶対にやろう!超お得なamazonギフト券のチャージ

Amazonギフトチャージを活用する

Amazonはクレジットカードよりもギフト券をチャージし支払いをする方がお得だ。

チャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえるからだ。

特にAmazonプライム会員の方には「利用しない理由がない」とまで言い切ることができるだろう。

チャージしたポイントは10年有効なので期限切れの心配もない。

下記のリンクをクリックすると簡単にチャージすることができる。

ぜひ活用してほしい。