プロの木工家を目指すのであればテーブルソーは、必須な木工機械である。

一方、DIYにはテーブルソーよりも卓上丸ノコがおすすめだ。

その理由は、本文で詳しく解説をしている。

もちろん本題である、おすすめのテーブルソー5機種も厳選ご紹介している。

テーブルソーの導入を検討されている方には、非常に参考になる記事になっている。

ぜひ最後まで読んでほしい。

木工DIYの初心者が知っておくべきこと2選!
何かとお金のかかる木工DIY。どう資金を捻出するか、いかに支出を抑えるかは木工DIYの永遠のテーマだ。これから始められる方は、まずはこの方法を知ることが先決だ。 詳細記事はコチラ

DIYにはテーブルソーよりも卓上丸ノコがおすすめ

卓上スライド丸ノコ

木工DIY部では、安価なテーブルソーは導入するべきではないと考えている。

なぜなら、安価なテーブルソーは、切断精度が最悪なうえ危険性も高くなるからである。

よって、数万円のテーブルソーは、このページでは取り上げていない。

DIYに、高価なテーブルソーを導入することは難しい。

当ブログでは、DIYや週末木工レベルであれば、テーブルソーよりも、卓上丸ノコを選択することを強くおすすめしている。

300mmほどの材幅カットであれば、卓上スライド丸ノコで対応することができる。

木材のカットは、横引きが主だ。

主である横引きは卓上丸ノコで行い、縦引きは手持ち丸ノコと定規の組合せで対応する。

DIYにテーブルソーを、無理に導入する必要はないのである。

なお、卓上丸ノコと手持ちの丸ノコについては、下記のページで詳しく解説をしている。

プロの木工家を目指すのであればテーブルソーは必須

プロの木工家を目指す

家具職人や木工作家を目指すのであれば、テーブルソーは必須。

絶対必要な木工機械であると言えるだろう。

なぜなら、プロで成功するためには、生産性を上げることが重要なポイントになるからである。

テーブルソーは、生産性を劇的に高めてくれる。もちろん切断精度をもだ。

手持ち丸ノコと定規の組合せで、究極に生産性を高めたところで、テーブルソーには敵わない。

だから、プロの木工家は皆、テーブルソーを使用する。

プロを目指すのであれば、テーブルソーの導入は必然なのである。

なお、テーブルソーと同様に必須の切断機械の1つとされているバンドソーについては、下記のページで詳しく解説をしている。

テーブルソーは2つのタイプがある

テーブルソーは2つのタイプがある

テーブルソーは、日本で普及が進んでいないのが現状だ。

需要が少ないので、供給も少ない。

つまり選択肢は限られる。

テーブルソーには、大きく2つのタイプがある。

  • マルノコ盤
  • 本格派テーブルソー

国内で市販されているプロ仕様のマルノコ盤は、現在のところマキタ製とDEWALT製に限られる。

本格派テーブルソーは、木工機械の専門店である「ザ・木工機械」がリーズナブルな価格帯で提供してくれている。

本格派テーブルソーのお店選びは、「ザ・木工機械」の一択と言っても過言はないだろう。

テーブルソーおすすめ5選

それでは、おすすめのテーブルソーをご紹介する。

プロの木工家から定評のある5機種を厳選している。

商品へのリンクも用意しているので、ぜひ活用してほしい。

  1. マキタ マルノコ盤 2703
  2. マキタ マルノコ盤 2711
  3. DEWALT マルノコ盤 DWE7485
  4. スポークシェーブ テーブルソー MH110LG-30
  5. スポークシェーブ テーブルソー MH110LG-50

スポークシェーブのMH110LG-30とMH110LG-50は、テーブル寸法と別売りの延長テーブルの略図も掲載している。ぜひ参考にしてほしい。

1. マキタ マルノコ盤 2703

タイプ テーブルソー(マルノコ盤)
商品画像
モーター 単相100V 1,430W
回転数 4,600min-1
ノコ刃 外径 × 内径 255mm × 25.4mm
最大切り込み深さ 90° 91mm 45° 63mm
本機寸法 長さ560mm × 幅686mm × 高さ458mm
重量 18kg
付属品 チップソー付
楽天市場 54,450円(税込)
最安値を探す

2. マキタ マルノコ盤 2711

タイプ テーブルソー(マルノコ盤)
商品画像
モーター 単相100V 1,350W
回転数 3,800min-1
ノコ刃 外径 × 内径 255mm × 25.4mm
最大切り込み深さ 90° 91mm 45° 63mm
本機寸法 長さ1,090 mm × 幅715 mm × 高さ470 mm
重量 32.5 kg
付属品 チップソー付
Amazon 109,890円(税込)
最安値を探す

3. DEWALT マルノコ盤 DWE7485

タイプ テーブルソー(マルノコ盤)
商品画像
モーター 110V 1,500W
回転数 5,800min-1
ノコ刃 外径 × 内径 8-1/4インチ(210mm) × 5/8インチ(15.9mm)
最大切り込み深さ 90° 65mm 45° 44mm
本機寸法 長さ578mm × 幅578mm × 高さ330mm
重量 25kg
付属品 チップソー付
楽天市場 94,800円(税込)
最安値を探す

4. スポークシェーブ テーブルソー MH110LG-30

タイプ 本格派テーブルソー
商品画像
モーター 単相200V 3HP
回転数 3,450min-1
ノコ刃 外径 × 内径 10インチ(254mm) × 5/8インチ(15.9mm)
最大切り込み深さ 90° 79mm 45° 57mm
メインテーブル寸法 512mm × 686mm
ウィング寸法(左、右) 254mm×686mm
テーブル高さ寸法 864mm
重量 228kg
楽天市場 229,000円(税込)
最安値を探す
延長テーブルMH110LG-30

5. スポークシェーブ テーブルソー MH110LG-50

タイプ 本格派テーブルソー
商品画像
モーター 単相200V 3HP
回転数 3,450min-1
ノコ刃 外径 × 内径 10インチ(254mm) × 5/8インチ(15.9mm)
最大切り込み深さ 90° 79mm 45° 57mm
メインテーブル寸法 512mm × 686mm
ウィング寸法(左、右) 254mm × 686mm
テーブル高さ寸法 864mm
重量 228kg
楽天市場 244,000円(税込)
最安値を探す
延長テーブルMH110LG-50
MH110LG-30 延長テーブル MEB30を探す
\9,100 楽天市場 調べ
MH110LG-50 延長テーブル MEB50を探す
\13,900 楽天市場 調べ

切断精度を高めるにはテーブルソー治具が不可欠

テーブルソーでの切断精度を高めるためにはテーブルソー治具が不可欠だ。

テーブルソー治具は、安全性をも高めてくれる。

テーブルソー治具については、下記のページで詳しく解説をしている。

代表的な治具であるマイクロジグ グリッパーもご紹介している。

これからテーブルソーを導入される方は、ぜひ参考にしてほしい。

テーブルソーの性能を最大限引き出すためにはチップソーが重要

テーブルソーの性能を最大限引き出すためには、チップソーの性能にもこだわる必要がある。

チップソーについては、下記のページで詳しく解説をしているのでぜひ参考にしてほしい。

メンテナンスにはシリコンスプレーとヤニ取クリーナー

丸ノコの刃のであるチップソーのメンテナンスには、吹き付けタイプである

  • 防錆と滑りを良くする効果のあるシリコンスプレー
  • 付着したヤニや樹液を強力に落とすヤニ取クリーナー

がおすすめだ。

シリコンスプレーは呉工業製、ヤニ取クリーナーはAZ製が定評がある。

チップソーのメンテナンスにぜひ活用してほしい。

呉工業シリコンスプレー1046 最安値を探す
\307 Amazon調べ
AZヤニ取クリーナーA1-004 最安値を探す
¥1,345 Amazon調べ

安全グッズで木工ライフを充実させる

木工と安全

丸ノコ、テーブルソー、自動カンナ、手押しカンナ等など。

これらの電動工具や木工機械を導入するのであれば、万全な安全対策が必要だ。

安全グッズについては下記のページで詳しく解説をしている。

万全な安全対策で、あなたの木工ライフをぜひ充実させてほしい。

まとめ

おすすめのテーブルソー5機種を厳選しご紹介をした。

プロの木工家を目指すのであればテーブルソーは、必須な木工機械だ。

テーブルソーの導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてほしい。

スポンサーリンク

買う前に絶対にやろう!超お得なamazonギフト券のチャージ

Amazonギフトチャージを活用する

Amazonはクレジットカードよりもギフト券をチャージし支払いをする方がお得だ。

チャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえるからだ。

特にAmazonプライム会員の方には「利用しない理由がない」とまで言い切ることができるだろう。

チャージしたポイントは10年有効なので期限切れの心配もない。

下記のリンクをクリックすると簡単にチャージすることができる。

ぜひ活用してほしい。