木工DIYにおすすめのHVLP塗装機

出典:Amazon

「ムラなくキレイに塗装がしたい」

「スピーディーに塗装がしたい」

そんな改善を図りたい方は、スプレーガン塗装を導入するべきだ。

なぜなら、スプレーガン塗装はムラなくキレイに塗装ができ、かつ塗装効率を格段にアップさせる魔法のような塗装方法だからである。

本記事では、そんな魅力的なスプレーガン塗装について詳しく解説を行う。

スプレーガン塗装におすすめの、HVLP塗装機のご紹介もしている。

いち早くおすすめを確認したい方は、木工DIYにおすすめ HVLP塗装機4選へ

スプレーガン塗装を検討されている方には、とても有益な記事になっている。

ぜひ最後まで読んでほしい。

エアツールの選び方と始め方!
エアツールはたくさん種類があるので「どれを選んだら良いのかが分からない」といった方はとても多い。そこで、エアツールを網羅したまとめ記事を用意した。 詳細記事はコチラ

スプレーガン塗装 2つの手法

スプレーガン塗装 2つの手法

スプレーガン塗装には、主に2つの手法がある。

  • HPLV塗装(高圧スプレーガン)
  • HVLP塗装(低圧スプレーガン)

きめ細かい美しい塗装ができるHPLVは、車などの製造工場で使われる塗装手法である。

とはいえ、HPLV塗装は、木工DIYには不向きな塗装手法だと言える。

その理由は、それぞれの特徴。

メリットとデメリットを比較してみると良く分かる。

比較項目 HPLV HVLP
英語 High Pressure Low Volume High Volume Low Pressure
直訳 高圧少量 大量低圧
必要な空気圧 0.3MPa(目安) 0.05MPa(目安)
必要な空気容量 毎分100L(目安) 毎分1000L(目安)
必要なもの エアコンプレッサーとスプレーガン HVLP塗装機が主流
塗装の美しさ 優れる 劣る
塗着効率 約30% 約70%
塗料の節約 劣る 優れる
塗装場の用意 困難 容易
使用適正 工場向き 木工DIY向き

多くの塗料が空気中に飛散してしまうHPLV塗装は、塗料の無駄と塗装する場所がネックになる。

木工DIYにおいて工場のような塗装場を設けることは、不可能に近い。

よってHPLV塗装は、木工DIYには不向きなのである。

HPLVとHVLPは、使われているローマ字がまったく同じで間違えやすい。

以降、HVLP塗装(低圧スプレーガン)に主眼をおいての解説になるので、間違えないようにどうか注意してほしい。

HVLP塗装とは?

木工DIYにおける吹付け塗装に最適なのが、HVLP塗装である。

HVLP塗装は、低圧エアを大量に必要とする。

HVLP塗装には、以下2つのタイプがある。

  • HVLP塗装機
  • エアコンプレッサー

HVLP塗装機が主流

木工DIYにおすすめのHVLP塗装機

出典:Amazon

木工DIYでのHVLP塗装は、HVLP塗装機で行うのが主流だ。

HVLP塗装機は、タービンモーターを動力とする。

低圧エアを大量に必要とするHVLP塗装には、このタービンモーターが搭載されたHVLP塗装機が敵している。

なぜならタービンモーターは、低圧エアを大量に供給することに優れているからである。

HVLP塗装機は、掃除機のような感覚で手軽に扱う使うことができる。

HVLP塗装機は、2つに大別することができる。

  • 本体一体型
  • 分離型

それぞれの特徴を簡潔にまとめてみた。

比較項目 本体一体型 分離型
代表機種
タイプ DIY向き 木工向き
塗装の仕上がり 劣る 優れる
価格 安価 高価

ざっくり、本体一体型はDIY向き。

分離型は木工向きであると言えるだろう。

本体一体型はこの後にご紹介をする「ペンキ屋くん」が人気となっている。

YouTube動画も用意しているので、ぜひ参考にしてほしい。

エアコンプレッサーだと3~5馬力が必要

エアコンプレッサー式は、以下2つの組み合わせでHVLP塗装を行う。

  • エアコンプレッサー
  • スプレーガン

HVLP塗装は、低圧エアを大量に必要とする。

よってエアコンプレッサーは、3~5馬力のモーターが望ましいとされている。

一見、低圧なので大量のエアが供給できそうだが、そうはならない。

なぜなら、エアコンプレッサーは、高圧エアを供給するように作られており、低圧エアを大量にというわけにはいかないからである。

3~5馬力ものエアコンプレッサーを、木工DIYのために用意することはおそらくないだろう。

つまり、木工DIYおける吹付け塗装は、現実的には前述したHVLP塗装機の一択なのである。

木工DIYにおすすめ HVLP塗装機4選

木工DIYにおすすめ HVLP塗装機4選

それでは、木工DIYにおすすめなHVLP塗装機をご紹介したいと思う。

HVLP塗装機には、本体一体型と分離型がある。

ざっくり、本体一体型はDIY向き。分離型は木工向きであると言える。

国内で普及していない分離型は、海外仕様のHVLPを買い求めることになる。

分離型は、世界的なHVLP塗装機のメーカーである、Wagner製とFuji Spray製のものから選出をしている。

  • 本体一体型 DIY向き
    • 1. 暮らしの幸便 ペンキ屋くん
    • 2. WAGNER W550
  • 分離型 木工向き 海外仕様
    • 3. Wagner 0518080 Control Spray Max
    • 4. Fuji Spray 2203G Semi-PRO2

海外仕様のHVLP塗装機は110Vか120Vの電圧になっているが、100Vである日本のコンセントでも問題なく使用することができる。

ただし、3芯プラグであるため3P→2P変換アダプタが必要になる。

変換アダプタは、3P→2P変換アダプタの項でご紹介をしている。

各HVLPの比較ができるよう

  • YouTubeの公式チャンネルへのリンク
  • メーカーサイトへのリンク
  • 商品レビューへのリンク
  • 価格

もバッチリ掲載しているので、ぜひ参考にしてほしい。

1. 暮らしの幸便 ペンキ屋くん

商品画像
HVLP塗装機 本体一体型 DIY向き
電源 100V
メーカーサイト 詳細ページ
YouTube 公式チャンネル
評価ページ 商品レビューを見る
Amazon 8,618円
最安値を探す

2. WAGNER W550

商品画像
HVLP塗装機 本体一体型 DIY向き
電源 100V
メーカーサイト 詳細ページ
YouTube 日本ワグナー 公式チャンネル
評価ページ 商品レビューを見る
Amazon 10,900円
最安値を探す

3. Wagner 0518080 Control Spray Max

商品画像
HVLP塗装機 分離型 木工向き 海外仕様
電源 120V
メーカーサイト 詳細ページ
YouTube 公式チャンネル
評価ページ 商品レビューを見る
Amazon 23,777円
最安値を探す

4. Fuji Spray 2203G Semi-PRO2

商品画像
HVLP塗装機 分離型 木工向き 海外仕様
電源 120V
メーカーサイト 詳細ページ
YouTube 公式チャンネル
評価ページ 商品レビューを見る
Amazon 124,562円
最安値を探す

塗装のマストアイテム

HVLP塗装を快適に進めるには、以下3つの塗装グッズはマストアイテムだ。

  • 塗装用 防毒マスク
  • 塗装用 ゴーグル
  • 塗装用 グローブ

塗装グッズは、定評のある3社製のものがおすすめだ。

  • 防毒マスクなら重松製作所製
  • ゴーグルなら山本光学製
  • グローブならショーワグローブ製

「防毒マスクの吸収缶」と「ゴーグルの曇り止め液」も、この後にご紹介をしている。

最安値が簡単に探せるリンク集も用意しているので、ぜひ活用してほしい。

塗装用 防毒マスク

塗装用 防毒マスクは、大切な肺を守るためのマストアイテム。

防毒マスクは、重松製作所製のGM77が定評がある。

防毒マスクの吸収缶には保存期限がある。

なので、防毒マスクには吸収缶が付属していないことが大半なので注意が必要だ。

GM77の別売りの吸収缶については、次項で案内をしている。

重松製作所 GM77
タイプ 防毒マスク 検定合格品
商品画像
用途 スプレー塗装
粉体塗装
ローラー塗装
農薬散布
サイズ S、M、M/E、M/EE、L
メーカーサイト 詳細ページ
評価ページ 商品レビューを見る
最安値を探す Sサイズ
小顔の女性や子供向け
1,773円
Mサイズ
女性や小顔な男性向け
1,773円
M/Eサイズ
標準 男性向け
2,211円
M/EEサイズ
少し大顔な男性向け
1,773円
Lサイズ
大顔な男性向け
1,773円

吸収缶は、目詰まりによって息苦しく感じるようになったら交換時期だと言える。

吸収缶には、「防じん機能付き」と「防じん機能なし」があるが、HVLP塗装には、「防じん機能付き」タイプがおすすめである。

GM77 取付け可能な吸収缶 検定合格品
商品画像 吸収缶 最安値を探す
CA-707S/OV
有機ガス用
防じん機能付き
レビューを見る
509円
CA-710S/OV
有機ガス用
防じん機能付き
レビューを見る
815円
CA-710/OV
有機ガス用
防じん機能なし
レビューを見る
391円

塗装用 ゴーグル

塗装用ゴーグルは、大切な目を守るためのマストアイテム。

塗装用ゴーグルは、防毒マスクとの併用ができる山本光学製のYG-700が定評がある。

ただ、ゴーグルとの併用は、曇りやすくなるというデメリットがある。

自身が許容できる曇り具合であるか否かは、商品レビューが参考になる。

Amazonの商品レビューへのリンクも用意しているので、ぜひ参照してほしい。

曇りやすいといった方には、次にご紹介する曇り止めスプレーがおすすめだ。

山本光学 YG-700
タイプ 塗装作業専用ゴーグル
商品画像
特色 マスク併用可
メガネ併用可
レンズに付着した塗料はシンナーでふき取り可能
メーカーサイト 詳細ページ
評価ページ 商品レビューを見る
Amazon 1,000円
最安値を探す

山本光学では、ゴーグルの曇り止めスプレーも用意されている。

このスプレーは、1回の塗布で約8時間くもり止めを持続させる効果があるとされている。

その効果の程は、商品レビューを参考にしてほしい。

山本光学 ハイパーデミスト2
タイプ 高性能くもり止め液(スプレータイプ)
商品画像
特色 1回の塗布で約8時間くもり止め効果を持続
使用回数 約450プッシュ
約100日使用可能
メーカーサイト 詳細ページ
評価ページ 商品レビューを見る
Amazon 1,409円
最安値を探す

塗装用 グローブ

塗装用グローブは、塗装作業を円滑に進めるためのマストアイテム。

塗装用グローブは、ショーワグローブ製のニトリスト・タフが定評がある。

入数は100枚。

サイズは、SS、S、M、L、LLの5サイズが用意されている。

手のひらまわりの測り方

適切なサイズは、手のひらまわりを測るだけのなので、簡単に調べることができる。

ショーワグローブ No.883 ニトリスト・タフ
商品画像
材質 合成ゴム(ニトリルゴム)
入数 100枚
サイズ SS、S、M、L、LL
メーカーサイト 詳細ページ
評価ページ 商品レビューを見る
最安値を探す SSサイズ
手のひらまわり
16cm
1,527円
Sサイズ
手のひらまわり
17cm
1,527円
Mサイズ
手のひらまわり
19cm
1,527円
Lサイズ
手のひらまわり
21cm
1,527円
LLサイズ
手のひらまわり
22.5cm
1,527円

3P→2P変換アダプタ

海外仕様のHVLP塗装機は、3芯プラグであるため変換アダプタが必要だ。

変換アダプタは、サンワサプライ製が定評がある。

サンワサプライ 3P→2P変換アダプタ TAP-AD3LT
商品画像
定格容量 15A 125V(1,500W)
プラグ仕様 2P(アースコード付)
最安値を探す
345円

エアツールを探す

エアツールの選び方

出典:藤原産業

木工DIYでは、HVLP塗装機を用いた吹付けが主流になっている。

しかし、以下どちらかの条件をクリアーできる方は、逆にエアコンプレッサーを用いた吹付けが適していると言えるだろう。

  • 塗装場を設けることができる
  • 高馬力のエアコンプレッサーが用意できる

以下は、エアツールを網羅したまとめ記事になっている。

エアコンプレッサーについても取り上げているので、これからエアツールを導入される方はぜひ参考にしてほしい。

まとめ

スプレーガン塗装について解説をした。

HVLP塗装機は、木工DIYにおける塗装のクオリティーを格段に引き上げてくれる魔法のようなツールだ。

この記事を参考に、あなたにとってベストなHVLP塗装機を、ぜひ見つけ出してほしい。

木材通販おすすめ店をご紹介!

  • 2×4材では物足りなくなってきた
  • 無垢の木材がほしい
  • 広葉樹の木材を安く入手したい
  • 本格的な天板を安く入手したい
  • 手軽に利用できる木材通販サイトが知りたい

脱2×4材を図りたいDIYヤーにとって、木材をどこで入手するのかは永遠のテーマ。

そんなDIYヤーにおすすめなのが、木材通販サイトの両店である。

両店については、以下のページで詳しく解説をしている。

木材通販おすすめ店をご紹介!安い&カット可!脱2×4がしたいDIYヤーは必見!

この木材通販サイトは、木工DIY部がいつもお世話になっているお店でもある。

あなたにも、是非おすすめする。