木ダボの大きさサイズ表と通販におすすめの2店をご紹介

このページでは、木ダボのサイズの選び方を解説する。

適正サイズが選べるように、木ダボのサイズを一覧できる表も作成している。

最後の項では、ネット通販おすすめの2店とホームセンターを利用した購入方法もご紹介している。

木ダボのサイズ選びやどこで木ダボを購入しようかと迷われている方には、おすすめの内容となっている。

ぜひ参考にしてほしい。

木工DIYのおすすめ本を無料で読む方法!
Kindle Unlimitedのお試し利用すれば、木工DIYの書籍を無料で読むことができる。30日間ではあるが、DIYシリーズといった定番書籍を読み放題で楽しむことができる。 詳細記事はコチラ

木ダボのサイズの選び方!長さと直径の目安はこう考える

この項では木ダボのサイズの選び方、具体的には考え方をお伝えする。

木ダボのサイズは、長さと直径の2つで構成されている。

長さと直径のサイズは、それぞれの目安を基準にしサイズ選択を行う。

まずは長さから。

木ダボの長さは、「板側は板厚の1/2」、「木口側は板厚分」だけとることを目安に考える。

左のダボ穴が開けらている材を「板側」、右のダボ立てされている材を木口側としている。

ダボ穴が開けられた板側とダボ立てされた木口側

いくつか例を挙げてみる。

  • 双方の板厚が15mmのケース 板側15mm✕1/2+木口側15mm=22.5mm
  • 双方の板厚が20mmのケース 板側20mm✕1/2+木口側20mm=30mm
  • 双方の板厚が25mmのケース 板側25mm✕1/2+木口側25mm=37.5mm
  • 双方の板厚が30mmのケース 板側30mm✕1/2+木口側30mm=45mm
  • 双方の板厚が35mmのケース 板側35mm✕1/2+木口側35mm=52.5mm

よって以下の方程式で、木ダボの長さの目安を導き出すことができる。

板側の板厚✕1/2+木口側の板厚=木ダボの長さの目安

つぎに直径。

木ダボの直径は、「木口側の板厚1/3」を目安に考える。

いくつか例を挙げてみる。

  • 木口側の板厚が15mmのケース 15mm✕1/3=5mm
  • 木口側の板厚が20mmのケース 20mm✕1/3=6.7mm
  • 木口側の板厚が25mmのケース 25mm✕1/3=8.3mm
  • 木口側の板厚が30mmのケース 30mm✕1/3=10mm
  • 木口側の板厚が35mmのケース 35mm✕1/3=11.7mm

よって以下の方程式で、木ダボの直径の目安を導き出すことができる。

木口側の板厚✕1/3=木ダボの直径の目安

木ダボの大きさサイズの目安とその考え方

木ダボのサイズ選びは板材の材質や接合に使用する木ダボの本数も考慮する必要があるので、この方程式が全てのケースに当てはまるわけではないが、大まかな物差しになることは間違いないだろう。

なお、ダボ継ぎに必須であるダボ穴開け治具については、下記のページで詳しく解説をしている。

ぜひ参考にしてほしい。

木ダボの大きさがひと目でわかるサイズ表

木ダボによる接合は、サイズ選択が重要なポイントになる。

なぜなら、木ダボの強度を生かすためには適正サイズの選択が不可欠だからである。

木ダボのサイズは、長さと直径で構成されている。

それでは、いったいどれくらいのサイズが市販されているのか?

国内3大ネットショッピングモールである、楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングに出品されている木ダボのサイズを調査してみた。

サイズは、約20種類も確認することができた。

前項で取り上げた方程式と下記のサイズ表を活用すれば、適正サイズの木ダボを簡単に選ぶことができるだろう。

直径 長さ
6 20、25、30、35、40、50
8 20、25、3040、50
10 20、30、40、50、60、80、100
12 30、40、50

主流は、「直径6mmの長さ20mmと30mm」「直径8mmの長さ30mmと40mm」の、4サイズだ。

サイズ表には、黒と赤の太字で記している。

木ダボの接合に使用される板厚は20mm前後であることが圧倒的に多く、適合するこの4サイズが主流となっているのである。

楽天Amazonヤフーで人気のおすすめ2店をご紹介

木ダボは入数10個単位から販売されている。

当然、入数が少ないと1個あたりの単価は高くなる。

よって入数は、100~200個の選択が賢明な判断と言えるだろう。

DIY・日曜大工で使用する木ダボを購入するなら、100~200個単位で購入できる「kicoriya」がおすすめだ。

出店は、AmazonとYahooショッピングで展開されている。

Amazonで木ダボを売れ筋順に並び替えてみると、「kicoriya」の木ダボが上位を独占している状況だ。

Amazonで木ダボの売れ筋を見てみる

評価も高い。Amazon店で取り扱う商品には、なんと保証書まで付けられている。

下記は保証書に明記されている一文だ。

”品質には十分な注意を払っておりますが、万が一不具合がございましたら、返金、交換などの対応をさせて頂きます。”

「kicoriya」は優良店と考えて、まず間違いないだろう。

kicoriyaで木ダボを探す

もっと大量に仕入れ1個あたりの単価をさげたいのなら、入数1,000個の木ダボを販売している「ディグラム」がおすすめだ。

出店は楽天市場とAmazonで展開されているが、木ダボは楽天市場店のみで販売されている。

商品ページには、”木ダボはビスケット工場で製造されている”との記載がある。

ビスケットは、ビスケットジョイントと呼ばれる接合方法に使われる木製チップだ。

主に幅はぎで使用されるビスケットは、品質の良さが問われる商品。

そのビスケットが作られている工場で木ダボも製造されているのだから、「ディグラム」で取り扱われている木ダボは良質であると判断することができるだろう。

ディグラムで木ダボを探す

ホームセンターならどこで買える?

DIYから木工まで幅広く利用されているい木ダボは、需要度が高い商品だ。

よって木ダボは、ほとんどのホームセンターで買い求めることができる。

ただし、10個単位の入数で販売されていることが多く、割高となるケースが多いので注意が必要だ。

価格を重視されるかたは、良く調べたほうが良いだろう。

無駄な時間と労力を費やしたくないのならば下調べは必須だ。

下調べには、オンラインストアが有効。

以下の手順を踏めば、簡単に下調べすることができる。

  1. 公式オンラインストアもしくはネットショッピングモール店にアクセスする
  2. 検索ボックスに「木 ダボ」と入力し商品検索する
  3. 店舗に商品の有無を問い合わせる

ホームセンターの公式オンラインストアとネットショッピングモール店には、ホームセンターをランキング!大手から地方まで比較一覧できる表を作成してみた!から、アクセスすることができる。

このページでは、大手ホームセンターと地方のローカルホームセンターが網羅してあり、各店舗にも最短でアクセスできるようになっている。

店舗に商品の有無を問い合わせることも簡単にできるようになっているので、ぜひ活用してほしい。

まとめ

木ダボの大きさサイズの選び方の解説を行った。

サイズ選びの方程式で算出した数値と、サイズ表と照らし合わせれば大よそのサイズを簡単に導き出すことができる。

  • サイズ選びの方程式で目安となるサイズを算出
  • 算出された数値とサイズ表を照らし合わせ大よそのサイズを把握

ぜひ木ダボのサイズ選びに、サイズ表を役立ててほしい。

スポンサーリンク

買う前に絶対にやろう!超お得なamazonギフト券のチャージ

Amazonギフトチャージを活用する

Amazonはクレジットカードよりもギフト券をチャージし支払いをする方がお得だ。

チャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえるからだ。

特にAmazonプライム会員の方には「利用しない理由がない」とまで言い切ることができるだろう。

チャージしたポイントは10年有効なので期限切れの心配もない。

下記のリンクをクリックすると簡単にチャージすることができる。

ぜひ活用してほしい。