ベースプレートは、丸ノコの性能に大きく影響を与える。

切断精度、耐久性や作業効率といった要素が、丸ノコのベースプレーによって大きく左右されからである。

丸ノコのベースプレートの仕様には、以下の3つがある。

  1. 鉄板ベース(材質は鉄)
  2. アルミベース(材質はアルミ)
  3. フッ素ベース(材質のアルミにフッ素樹脂コーティング)

フッ素ベースの丸ノコは、現状、ハイコーキから数機種販売されているだけで普及は進んでいない。

よってこれまでは、アルミベースと鉄板ベースがベースプレートの主流となっている。

このページでは、アルミベースと鉄板ベース、そしてフッ素ベースの特徴を中心に詳しく解説を行う。

主流は鉄板ベースからアルミベースへ

丸ノコのベースプレートは、鉄板ベースが主流であったが、現在はアルミベースが主流となっている。

鉄板ベースはアルミベースよりも安価に提供できる大きなメリットがあるが、その分デメリットが多い。

鉄板ベースは、コーティングされている塗料が剥がれると錆びやすくなったり、誤って丸ノコを落としてしまうと、すぐに変形してしまうといった耐久性に問題があるベースだ。

また、ベースの平面性の悪さに加え、滑りも良くない鉄板ベースは、どうしてもアルミベースよりも切断精度が劣ってしまう。

これら鉄板ベースのデメリットを考慮すると、鉄板ベースからアルミベースへと主流が変わるのは当然とい言える結果なのである。

代表的な丸ノコ
リョービ147mm鉄板ベース
MW-46Aの最安値を探す
¥6,664(2021/03/22 時点 Amazon調べ)

フッ素ベースはどうなの?

アルミベースを更に進化させたベースが、フッ素ベースだ。

フッ素ベースはアルミベースよりも、滑りを更に良くし、耐久性を向上させたものだ。

加工は、アルミベースにフッ素樹脂がコーティングされている。

その分価格は、アルミベースよりもフッ素ベースの方が3,000円ほど割高となっている。

滑りが良いベースは、切断精度と作業効率を高めることになる。

フッ素ベースの丸ノコは、ハイコーキから数機種しか販売されておらず普及が進んでいないのが現状だ。

しかし、切断精度と作業効率の向上を求める方にとっては、フッ素ベースは魅力的な商品と言えるだろう。

代表的な丸ノコ
ハイコーキ165mmフッ素ベース
C6MBYA2(SGB)の最安値を探す
¥24,482(2021/03/22 時点 Amazon調べ)

やはりアルミベースがおすすめ

先にも述べたが、現在、丸ノコのベースの主流はアルミベースとなっている。

なぜなら、低価格であることしか鉄板ベースを選ぶ優位性が見いだせないからである。

切断精度も耐久性も作業効率も、どれを取ってもアルミベースの方が一枚上手なのだ。

丸ノコのベースプレートは、どれを選べばいいですか?

といった質問には、迷わず「アルミベース」と、木工DIY部は即答する。

鉄板ベースからアルミベースへと主流が変わるのは、それなりの理由があるからなのである。

代表的な丸ノコ
ハイコーキ165mmアルミベース
FC6MA3の最安値を探す
¥9,302(2021/03/22 時点 Amazon調べ)


代表的な丸ノコ
マキタ165mmアルミベース
M565の最安値を探す
¥11,679(2021/03/22 時点 Amazon調べ)

ベースプレートの見分け方

アルミベースと鉄板ベース、そしてフッ素ベース。

基本的に3つのベースプレートは、見た目である色で判断することができる。

  • 鉄板ベースは黒色(ブラック)
  • アルミベースは銀色(シルバー)
  • フッ素ベースは灰色(グレー)

アルミベースとフッ素ベースの色はよく似ているので分かりづらいと思うが、2つの色の特徴を知れば、簡単に判断することができる。

銀色(シルバー)は、鮮やかで艶がある感じの色で、灰色(グレー)は、くすんでいて艶がない感じの色。

フッ素ベースの丸ノコは、店頭で市販されていることは少ないので、購入するならばネット通販ということになる。

その際は、ベースプレートの仕様の表示を確認すれば、アルミベースと間違えることはない。

鉄板ベースは黒色、アルミベースは銀色と認識しておけば、店頭で間違えることはまずないと言えるだろう。

丸ノコの性能を最大限引き出すためにはガイドとチップソーが重要

丸ノコ定規とチップソー

丸ノコの性能を最大限引き出すためには、ガイドとチップソーの性能にもこだわる必要がある。

ガイドとチップソーについては、下記のページで詳しく解説をしているのでぜひ参考にしてほしい。

安全グッズで木工ライフを充実させる

木工と安全

丸ノコ、テーブルソー、自動カンナ、手押しカンナ等など。

これらの電動工具や木工機械を導入するのであれば、万全な安全対策が必要だ。

安全グッズについては下記のページで詳しく解説をしている。

万全な安全対策で、あなたの木工ライフをぜひ充実させてほしい。

まとめ

丸ノコのベースプレートであるアルミベースと鉄板ベース、そしてフッ素ベースについて解説を行った。

以上のことを踏まえ、表にまとめるとこうなる。

ベースプレート 鉄板ベース アルミベース フッ素ベース
価格 安い 標準 高い
ベースの滑り 悪い 良い 非常に良い
切断精度 悪い 良い 非常に良い
耐久性 弱い 強い 強い
質量 重い 軽い 軽い
ベースの色 黒色 銀色 灰色

木工DIY部で推奨するベースプレートは、コストパフォーマンスに優れるアルミベースだ。

結論がなかなかでない方は、是非、お試しあれ。

スポンサーリンク

買う前に絶対にやろう!超お得なamazonギフト券のチャージ

Amazonギフトチャージを活用する

Amazonはクレジットカードよりもギフト券をチャージし支払いをする方がお得だ。

チャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえるからだ。

特にAmazonプライム会員の方には「利用しない理由がない」とまで言い切ることができるだろう。

チャージしたポイントは10年有効なので期限切れの心配もない。

下記のリンクをクリックすると簡単にチャージすることができる。

ぜひ活用してほしい。