数多く市販されている丸ノコのモデルのなかに、左勝手と呼ばれる丸ノコがある。

左勝手は、逆勝手とも呼ばれる。

それでは、左勝手は左利き用の丸ノコなのか?

このページでは、下記の項目に沿って解説を行う。

結論から言えば、左勝手の丸ノコは右利き用ではあるが、左手で使用することができる。

作業によっては左勝手の方が使いやすいケースがある

日本には、左利き用の丸ノコは存在しない。

なぜなら、メーカーが右利き用の丸ノコしか製造販売していないからだ。

メーカーのカタログやホームページの商品ページには、左勝手の丸ノコを、左利き用という表記はどこにもされていない。

しかし、左利き用として使用できる左勝手の丸ノコは実質的には存在する。

その丸ノコについては、後でご紹介する。

左勝手の丸ノコは刃先と、材に記した墨線が見やすいといった大きな特徴をもつ。

この特徴は、外壁屋さんのサイディングカットや、大工さん垂木の鼻切りといった作業に大いに役立つ。

下記は、外壁屋さんがサイディングをカットする動画だ。

まず材に墨線を引き、次に丸ノコの刃先を墨線に合わせ、最後に定規をセットして一気にカットしている。

刃先と墨線が見えやすいので、スピィーディーにカットすることができる。

作業によっては左勝手の方が使いやすいケースがあるのである。

左勝手の丸ノコを使うときはキックバックが起こらない環境作りが重要

左勝手は、通常の丸ノコと違いハンドルよりもノコ刃が左側にあり身体にノコ刃が近くなるため、危険性は高くなる。

これは大きなデメリットだ。

よって左勝手の丸ノコを使用するときは、常にキックバックが起こりにくい環境作りと、常に対処できる心構えをもって望むことが重要となる。

キックバックが起こりにくい方法の一つに、捨て板を敷き材を切る方法がある。

木材カットの場合は、切断した木口にささくれが起こりにくい、切断面がきれいといった効果も得られる。

また、切断された材は、捨て板が受けとめてくれるので、切断中に材が折れたり、下に落ちたりすることもない。

キックバックが起こりにくい環境作りには、捨て板を敷くやり方は非常に理にかなった方法なのである。

先のサイディングカットの動画も、この方法を利用している。

スタイロフォームを探す

拾て板は、合板が代表的だが、軽くて安いスタイロフォームでも代替がきくのでおすすめだ。

左勝手の丸ノコを使用するときは、キックバックが起こりにくい環境作りが重要なのである。

左勝手の丸ノコは左利き用とし使えるがリスクが伴う

 

左勝手の丸ノコは、左利き用の商品ではないが、お店によっては左利き用と表記されていることがある。

どういうことなのだろうか?

上の商品2点は、左勝手と右勝手の丸ノコだ。

ご覧いただくと、鏡に移したように左右対称になっているのが良く分かると思う。

この2つの商品が店頭に並んで陳列されていて、右勝手の丸ノコに右利き用と表記されていたとする。

もし、左勝手の丸ノコをよく知らないお客が、左勝手の丸ノコを目にすれば、「こっちは左利き用だな」と、誤った解釈をする可能性は高いだろう。

要するに、左勝手の丸ノコを左利き用として誤って使用している人は相当数いるのである。

ネットで情報収集みてみても、「左手で使用できます」という意見は多い。

実は、左勝手の丸ノコは、ほとんど違和感なく左利き用として使用することができる。

しかし、使用するうえで大きな問題点が一つだけある。

それは、左勝手の丸ノコは右利き用としてメーカーは製造しており、トリガースイッチをオンのまま維持できるロックボタンが右利き用に設置されている点だ。

左手で扱うとロックボタンを誤って押してしまい、ノコ刃が回りっぱなしになってしまうこともあるので大変危険なのだ。

ロックボタンは、左手では上手く扱えないのである。

自己責任において、左勝手の丸ノコを右手用として使うことはできる。

左勝手の丸ノコを左利き用として使用することはできるが、危険というリスクがを伴うことになるのである。

しかし、左利き用として使用できる左勝手の丸ノコは実質的には存在している。

その丸ノコは、この後ご紹介する。

左勝手仕様の丸ノコ4機種をご紹介

現在、左勝手の丸ノコを製造販売している国内メーカーはマキタ社のみとなっている。

左勝手の丸ノコの選択肢は多くない。今、選ぶのならマキタ社の4機種に限られだろう。

4機種は、下記の2つのタイプに分けられる。

  • 実質的に左利き用として使用できる左勝手の丸ノコ
  • 建築現場の声を反映して作られた左勝手の丸ノコ

もちろん4機種とも木工用として使用でき、アルミベース仕様でブレーキ・ライト・平行定規付きとなっている。

2つのタイプは、比較できるように表にしている。

また、商品の検索結果は最安値の順となっているので、左勝手の丸ノコを導入を検討されている方は、是非、参考にしてほしい。

左利き用をお探しの方におすすめのマキタ社の2機種をご紹介

マキタ社から左利き用とも言える左勝手の丸ノコが販売されている。

それは、「5632BLA」と「5832BLA」で、最新のカタログにも掲載されている2つのモデルだ。

この2つのモデルは、ロックボタンの機能が付いていないという大きな特徴をもつ。

先にも述べたが、ロックボタンを誤って押してしまいノコ刃が回りっぱなしになってしまうことがないため、実質、左利き用として使用できる構造となっているのだ。

  1. ノコ刃の外径
  2. モーターのパワー
  3. 最大の切り込み深さ
  4. 販売価格

上記がこの2つのモデルの違いだ。

販売価格は、もちろん外径190mmである「5832BLA」が4,000円ほど高くなっている。

性能的にはほとんど大差がないので、最大切り込み深さにこだわらないのであれば、165mmである「5632BLA」がおすすめだ。

モデル 5632BLA 5832BLA
メーカー マキタ
動力 電気(コード式)
タイプ 手持ち
電圧 単相100V
消費電力 950W 1,050W
電流 10A 11A
回転数 毎分4,700回転
ノコ刃 外径 165mm 190mm
ノコ刃 内径 20mm
切込深さ 90° 57mm 68mm
切込深さ 45° 38mm 46mm
質量 3.2kg 3.5kg
標準付属品
  • ノコ刃(チップソーブレード)
  • 平行定規
  • ボックスレンチ 10
取扱説明書 pdfファイルで見る
希望小売価格 28,000円(税抜) 32,100円(税抜)

マキタ5632BLA
165mm
最安値を探す
¥20,195(2021/03/22 時点 Amazon調べ)


マキタ5832BLA
190mm
最安値を探す
¥24,326(2021/03/22 時点 Amazon調べ)

左勝手の防じん丸ノコであるマキタ社の2機種をご紹介

壁の下地となる石膏ボードや外壁のサイディングといった切断作業に、威力を発揮するのが左勝手の防じん丸ノコだ。

建築現場の声を反映して作られた丸ノコと言えるだろう。

石膏ボードやサイディングといった材は、切断時に非常に細かい粉塵が舞う。

また、墨線を目安に加工することになるので左勝手の防じん丸ノコは、非常に有効だ。

左勝手の防じん丸ノコの選択肢は多くない。製造販売に対応しているメーカーはマキタ社だけである。

マキタから「KS5200FX」と「KS5200FXSP」と2つのモデルが販売されているが、性能や搭載されている機能は同じだ。

唯一の違いは、チップソー付きかチップソー無しかの違いだけとなっている。

「KS5200FX」がチップソー付きとなっているわけだが、窯業系サイディング用となっているので注意が必要だ。

木工用として購入するのであれば、チップソー無しである「KS5200FXSP」を選び、チップソーは別途買い求めることになる。

モデル KS5200FX KS5200FXSP
メーカー マキタ
動力 電気(コード式)
タイプ 手持ち
電圧 単相100V
消費電力 1,050W
電流 11A
回転数 毎分7,000回転
ノコ刃 外径 125mm
ノコ刃 内径 20mm
切込深さ 90° 39.5mm
切込深さ 45° 26mm
質量 2.7kg
標準付属品
  • KS5200FXはチップソー付き(窯業系サイディング用)
  • KS5200FXSPはチップソー無し
  • 平行定規
  • 六角棒レンチ 5
  • ツナギコード(5m)
  • ガイドルールホルダセット品
取扱説明書 pdfファイルで見る
希望小売価格 38,700円(税抜) 35,800円(税抜)

マキタKS5200FX
チップソー付き
最安値を探す
¥28,470(2021/03/22 時点 Amazon調べ)


マキタKS5200FXSP
チップソー無し
最安値を探す
¥25,880(2021/03/22 時点 Amazon調べ)

丸ノコの性能を最大限引き出すためにはガイドとチップソーが重要

丸ノコ定規とチップソー

丸ノコの性能を最大限引き出すためには、ガイドとチップソーの性能にもこだわる必要がある。

ガイドとチップソーについては、下記のページで詳しく解説をしているのでぜひ参考にしてほしい。

安全グッズで木工ライフを充実させる

木工と安全

丸ノコ、テーブルソー、自動カンナ、手押しカンナ等など。

これらの電動工具や木工機械を導入するのであれば、万全な安全対策が必要だ。

安全グッズについては下記のページで詳しく解説をしている。

万全な安全対策で、あなたの木工ライフをぜひ充実させてほしい。

まとめ

「左勝手の丸ノコは左利き用として使用できるのか?」について、解説を行った。

まとめると、こうなる。

  • メーカーから左利き用の丸ノコは製造販売されていない
  • 実質的には左利き用として使用できる左勝手の丸ノコは存在する
  • 作業によっては左勝手の方が使いやすいケースがある
  • 左勝手の丸ノコは左利き用とし使えるがリスクが伴う
  • 左勝手の丸ノコを使うときはキックバックが起こらない環境作りが重要

左利きの人の割合は、約10%だそうだ。

メーカーが左利き用の丸ノコを製造しないのは、おそらく需要が少ないからだろう。

大工さんの話では、工具を扱う時、左利きの職人は不便な思いをすることが多いそうだ。

建築現場などでは、工具や作業場の共有も考えられる。

よって、左利きの人は右利きの工具にとにかく慣れる。

現状は、それが一番の対処法となっているのである。

スポンサーリンク

買う前に絶対にやろう!超お得なamazonギフト券のチャージ

Amazonギフトチャージを活用する

Amazonはクレジットカードよりもギフト券をチャージし支払いをする方がお得だ。

チャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえるからだ。

特にAmazonプライム会員の方には「利用しない理由がない」とまで言い切ることができるだろう。

チャージしたポイントは10年有効なので期限切れの心配もない。

下記のリンクをクリックすると簡単にチャージすることができる。

ぜひ活用してほしい。