ジグソーブレードの選び方

出典:Amazon

「ジグソーブレードのタイプと種類は?」

「ジグソーブレードの選び方は?」

数多あるブレードの中から選ぶのだから、迷うのは当然のことだ。

このページでは、ジグソーブレードの選び方について詳しく解説を行う。

ブレード選びは、種類タイプとポイントを押さえてしまえば容易になる。

おすすめの替刃もご紹介しているので、ブレードの選び方がいまいち良く分からないといった方は、ぜひ参考にしてほしい。

なお、ジグソー本体については、以下のページで詳しく解説をしている。

ブレードのタイプは2つある

ブレードのタイプは2つある

ブレードのタイプは、大きく2つある。

  • Bタイプ
  • スタンダードタイプ

2つのタイプは、以下のようにも呼ばれる。

Bタイプ ボッシュタイプ
Tシャンクタイプ
スタンダードタイプ ねじ押しつけタイプ
兼用タイプ

ジグソーブレードはBタイプが主流

ジグソーブレードは、Bタイプが主流である。

現在、Bタイプを採用するジグソーが大半を占めている。

もちろん、国内主要メーカーである、マキタ、ハイコーキ、リョービも、Bタイプの規格に合わせてブレードを製造販売している。

つまり、Bタイプは互換性が高い。

Bタイプの名称の由来は、BOSCHの頭文字からだと言われている。

Bタイプは、ワンタッチでブレード交換できるので、取り付け工具は不要。

デメリットは皆無。Bタイプにあるのはメリットだけである。

  • ブレードの取付けが簡単にできる
  • 互換性がある

以上のことから、これからジグソーを買い求める方は、Bタイプを採用しているジグソーを選ぶことを強くおすすめする。

なお、ジグソー本体については、以下のページで詳しく解説をしている。

ジグソーブレードの選び方

ブレード選び方 4つのポイント

ブレード選びは、4つのポイントがある。

  1. ブレードの種類
  2. カット方法
  3. 切断能力(材の厚さ)
  4. 山数(仕上げ方)

4つのポイントをキッチリ把握すれば、どのブレードが良いのかが自ずと見えてくる。

それでは、1つずつ見ていこう。

1. ブレードの種類

ジグソーブレードの種類は、3つに大別することができる。

  • 木材用
  • 金属用
  • 特殊材用

どういった材質のものが切断できるのかを、具体的にまとめてみた。

木材用 一般の木材
合板
集成材
化粧板
MDF
金属用 鉄 
ステンレス 
アルミ
特殊材用 プラスチック 
アクリル板 
カーボンファイバー
窯業系サイディング
石膏ボード・FRP
タイル・ガラス
ゴム・発泡スチロール
ダンボール

ちなみに、プラスチックは殆どの木材用のブレードでカットすることが可能だ。

このページでは、木材用のブレードにフォーカスし解説を行っている。

金属用と特殊材用のブレードについては、以下で確認することができるので、ぜひ活用してほしい。

マキタの公式カタログで確認する

BOSCHの公式サイトで確認する

2. カット方法

ジグソーのカット方法は、主に2つある。

  • 直線カット
  • 曲線カット

曲線カット用のブレードは、ブレードの幅が狭くなっているのが特徴だ。

ブレードの幅が狭いと抵抗を減らす事できるので、小回りが利くのである。

曲線カットと切り抜きのスペシャリストである、糸ノコ盤のブレードを思い浮かべてもらうと分かりやすいと思う。

逆に直線カット用のブレードは、ブレードの幅が広い方が切断時に安定するので適している。

適材適所にブレードを使用しないと、材をうまくカットすることはできない。

ジグソーブレードは、直線カット用と曲線カット用を使い分けるのが大事なのである。

なお、糸ノコ盤については、下記のページで詳しく解説をしている。

3. 切断能力(材の厚さ)

木材の厚みのチェックも大事なポイントだ。

なぜなら、切断能力はブレードそれぞれによって異なるからである。

2×4材であれば、厚みが38mmあるので、切断能力が38mm以上のブレードが必要ということになる。

例えば切断能力が以下の数値を示すブレードであれば、2×4材の厚みをカットすることが可能ということになる。

  • 3~50mm
  • 5~50mm
  • 5~55mm

切断能力は、刃長で決まる。

切断能力は必ず明記されているので、必ずチェックすることを覚えておこう。

4. 山数(仕上げ方)

刃の山数は、カットの仕上がりを決める最重要ポイントだ。

山数は、ブレード1インチ当りにどれだけの刃があるのかを示している。

  • 山数が多いほうが切断面がキレイ
  • 山数が少ないほうが速くカットができる

ちなみに木工DIY部では、以下を目安にブレードを選んでいる。

  • スピードカットを重視するのであれば、6~8山
  • 仕上げカットを重視するのであれば、9~14山

化粧版などをカットするのであれば、バリがあまりでない逆目ブレードがおすすめだ。

ただし、逆目ブレードはベースプレートが浮きやすく、ジグソーをしっかりと押さえる必要があるので注意が必要だ。

ブレードの替刃 木工用のおすすめを厳選

ブレードの替刃 木工用のおすすめを厳選

消耗品であるブレードの替刃は、なるべく安く入手したいところだ。

そこで木工DIY部が独自に、木工用のおすすめブレードを厳選した。

おすすめブレードは、以下4つに大別した。

  • 直線カット スピード重視
  • 直線カット 仕上げ重視
  • 曲線カット
  • 逆目ブレード

メーカーは、マキタ、ハイコーキ、BOSCHの3社。

もちろん、ブレードは全てBタイプを選んでいる。

ブレードの全長、山数、切断能力も記載している。

最安値がチェックできるリンク集も用意しているので、ぜひ活用してほしい。

直線カット スピード重視
メーカー
品番
入数
全長
山数
切断能力(木材)
最安値を探す
マキタ
A-15039
5枚入
¥987
180mm
6山
5~135mm
ハイコーキ
0032-0471
5枚入
\824
105mm
6山
5~55mm
BOSCH
T-144D
5枚入
\927
100mm
6~8山
5~50mm
BOSCH
T-244D
5枚入
¥1,480
100mm
5~6山
5~50mm
直線カット 仕上げ重視
メーカー
品番
入数
全長
山数
切断能力(木材)
最安値を探す
マキタ
A-15774
5枚入
¥877
105mm
9山
3~50mm
ハイコーキ
0032-0460
5枚入
¥480
88mm
9山
20~45mm
ハイコーキ
0032-0461
5枚入
¥436
83mm
12山
~20mm
BOSCH
T-308B
5枚入
¥1,473
117mm
11山
5~50mm
BOSCH
T-234X
3枚入
¥1,280
117mm
8~13山
2~65mm
曲線カット
メーカー
品番
入数
全長
山数
切断能力(木材)
最安値を探す
マキタ
A-15849
5枚入
¥610
75mm
14山
2~30mm
ハイコーキ
0032-9595
5枚入
¥749
77mm
14山
~20mm
BOSCH
T-101AO
5枚入
¥1,109
76mm
19山
1.5~15mm
マキタ
A-15914
5枚入
¥804
105mm
9山
3~55mm
ハイコーキ
0032-0473
5枚入
¥688
105mm
9山
20~55mm
逆目ブレード バリが出ない
メーカー
品番
入数
全長
山数
切断能力(木材)
最安値を探す
マキタ
A-15855
5枚入
¥1,014
90mm
12山
3~30mm
BOSCH
T-101BR
5枚入
¥1,500
100mm
10山
3~30mm

サンダーで切断面をサンディングする

ジグソーでカットした材の断面を、キレイにサンディングするにはサンダーが必要だ。

凸面、凹面のサンディングには、添え置型のベルトディスクサンダーやスピンドルサンダーが有効だ。

手持ちのサンダーであれば、ランダムサンダーとマルチサンダーが効果的だ。

サンダーについては、下記のページで詳しく解説をしているので、ぜひ参考にしてほしい。

まとめ

ジグソーブレードの選び方について解説をした。

ブレード選びは、ポイントを押さえれば容易になる。

この記事を参考に、あなたにとってベストなジグソーブレードを、ぜひ見つけ出してほしい。

スポンサーリンク

買う前に絶対にやろう!超お得なamazonギフト券のチャージ

Amazonギフトチャージを活用する

Amazonはクレジットカードよりもギフト券をチャージし支払いをする方がお得だ。

チャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえるからだ。

特にAmazonプライム会員の方には「利用しない理由がない」とまで言い切ることができるだろう。

チャージしたポイントは10年有効なので期限切れの心配もない。

下記のリンクをクリックすると簡単にチャージすることができる。

ぜひ活用してほしい。