ジグソー工具の選び方!おすすめ8選

出典:Amazon

ジグソーは、多様な木材カットができる切断工具。

1つの電動工具だけで木材カットを網羅したいのであれば、ジグソーは必ず候補に挙がる電動工具になるだろう。

このページでは、そんなジグソーについて詳しく解説をする。

選び方のポイント。おすすめのジグソー。

また、ガイド定規とブレードについても言及している。

ジグソーに興味関心のある方は、ぜひ最後まで読んでほしい。

なお、充電式ジグソーについては、以下のページで詳しく解説をしている。

ジグソーで出来る4つのカット方法

ジグソーで出来る4つのカット方法

出典:Amazon

ジグソーは、非常に希少性の高い切断工具だ。

なぜなら、ジグソーで出来るカット方法は4つもあるからである。

  1. 曲線切り
  2. 切り抜き
  3. 円切り
  4. 直線切り

直線切りと円切りは、ガイドを活用すれば精度を高めることができる。

ジグソーのガイドについては、ジグソーガイドを探すの項で詳しく取り上げている。

ジグソーと卓上糸ノコ盤と丸ノコの違い

ジグソー、卓上糸ノコ盤、丸ノコ。

比較されることの多いこの3つの切断工具。

その違いは、それぞれの特徴を見比べてみると分かりやすい。

項目 ジグソー 卓上糸ノコ盤 丸ノコ
切断パワー 強力 非力 強力
ノコ刃の動き 上下動 上下動 高速回転
切断時の安定性 低い 低い 高い
切断面 荒い 荒い キレイ
直線切り 普通 不得意 得意
曲線切り 得意 得意 不可能
切り抜き 普通 得意 不可能
円切り 得意 普通 不可能
危険度 低い 低い 高い

ジグソーの役割りは、その特徴からも丸ノコと卓上糸ノコ盤の中間に位置する切断工具であると言えるだろう。

なお、丸ノコと卓上糸ノコ盤については、下記のページで詳しく解説をしている。

ジグソーの選び方 機能と特色を把握する

ジグソーの選び方

どの機種のジグソーを選ぶかの前に、機能と特色をしっかり把握することが大事である。

  • スピード調整機能
  • 傾斜切断機能
  • オービタル調整機能
  • LEDライト・ブロワーの機能
  • ブレードのタイプ

赤字で示した3つのポイントは、ジグソーを選択する際の重要ポイントになる。

それでは、機能と特色を順に解説する。

スピード調整機能

スピード調整機能

出典:Amazon

スピード調整機能は、ジグソーに必須の機能だ。

なぜなら、曲線カットや切り抜きカット時に必ず減速が必要になるからである。

切断スピードは、ストローク数で決まる。

スピード調整は、トリガーの握り具合によって調整する。

現在、スピード調整機能は殆どのジグソーに装備されている。

傾斜切断機能

傾斜切断機能

傾斜切断機能も、現在、殆どのジグソーに備わっている。

傾斜角度は、左右0~45度が標準。

オービタル調整機能

オービタル調整機能

出典:Amazon

オービタル機能は、ブレードが前後に動く機能のことだ。

通常ブレードは、上下のみに動く。

オービタル機能があると、上下に加えブレードが前後に動くので材を速くカットすることができる。

オービタル調整機能は、ザックリ以下のように使い分けると良いだろう。

  • 材を速くカットする時はオービタル機能ON
  • キレイにカットする時はオービタル機能OFF

なお、この後ご紹介するジグソーは、オービタル調整機能が採用されている機種を選んでいる。

※ハイコーキ FCJ65V3を除く。

LEDライト・ブロワーの機能

LEDライトと・ブロワーの機能

出典:Amazon

LEDライトとブロワーは、墨線を見やすくしてくれる機能だ。

ブロワーは木屑を吹き飛ばしてくれ、LEDライトは明るいライトで墨線を照らしてくれる。

墨線を目視しながらカットすることが主であるなら、ブロワーは必須になる機能だと言えるだろう。

ブレードのタイプ

ジグソーブレードはBタイプが主流

出典:Amazon

ブレードのタイプは、大きく2つある。

  • Bタイプ
  • スタンダードタイプ

ジグソーブレードは、Bタイプが主流である。

Bタイプは、ワンタッチでブレード交換できるので、取り付け工具は不要。

デメリットは皆無。Bタイプにあるのはメリットだけである。

  • ブレードの取付けが簡単にできる
  • 各メーカーのジグソーと互換性がある

以上のことから、これからジグソーを買い求める方は、Bタイプを採用しているジグソーを選ぶことを強くおすすめする。

ちなみに、この後ご紹介するジグソーは、Bタイプが採用されている機種を選んでいる。

ジグソーブレードについては、以下のページで詳しく解説をしている。

ジグソーおすすめ8選

ジグソーおすすめ8選

それでは、おすすめのコード式ジグソーをご紹介する。

木工DIY部が独自に、DIY向け3機種、プロ用5機種を厳選した。

もちろん、ブレードは全てBタイプ対応の機種を選んでいる。

最安値が探せるリンク集も用意しているので、ぜひ活用してほしい。

  • DIY向けジグソー
    • 1. ブラックアンドデッカー KS701PE
    • 2. ハイコーキ FCJ65V3
    • 3. BOSCH PST800PEL
  • プロ用ジグソー
    • 4. マキタ JV0600
    • 5. ハイコーキ CJ90VST2
    • 6. BOSCH PST1000PEL
    • 7. BOSCH GST90BE/N
    • 8. マキタ 4350FCT

なお、充電式ジグソーについては別途記事を用意しているので、ぜひ合わせて参照してほしい。

1. ブラックアンドデッカー KS701PE

タイプ DIY向けジグソー
商品画像
モーター 100V 520W
切断能力 70mm(木材)
ストローク 19mm
ストローク数(毎分) 0~3,000回
傾斜切断 左右0~45度
機能・特色 オービタル機能
平行定規付
評価ページ 商品レビューを見る
Amazon 3,783円
最安値を探す

2. ハイコーキ FCJ65V3

タイプ DIY向けジグソー
商品画像
モーター 100V 400W
切断能力 65mm(木材)
ストローク 18 mm
ストローク数(毎分) 0~3,000回
傾斜切断 左右0~45度
機能・特色 円直線兼用ガイド付
説明書(PDF) ダウンロードする
評価ページ 商品レビューを見る
Amazon 8,100円
最安値を探す

3. BOSCH PST800PEL

タイプ DIY向けジグソー
商品画像
モーター 100V 530W
切断能力 80mm(木材)
ストローク 20mm
ストローク数(毎分) 500~3,000回
傾斜切断 左右0~45度
機能・特色 オービタル機能
ブロア機能
説明書(PDF) ダウンロードする
評価ページ 商品レビューを見る
Amazon 9,981円
最安値を探す

4. マキタ JV0600

タイプ プロ用ジグソー
商品画像
モーター 100V 650W
切断能力 90mm(木材)
ストローク 23mm
ストローク数(毎分) 500~3,100回
傾斜切断 左右0~45度
機能・特色 オービタル機能
定規セット品
説明書(PDF) ダウンロードする
評価ページ 商品レビューを見る
Amazon 12,655円
最安値を探す

5. ハイコーキ CJ90VST2

タイプ プロ用ジグソー
商品画像
モーター 100V 700W
切断能力 90mm(木材)
ストローク 26mm
ストローク数(毎分) 850~3,000回
傾斜切断 左右0~45度
機能・特色 オービタル機能
ブロア機能
説明書(PDF) ダウンロードする
評価ページ 商品レビューを見る
Amazon 13,299円
最安値を探す

6. BOSCH PST1000PEL

タイプ プロ用ジグソー
商品画像
モーター 100V 650W
切断能力 100mm(木材)
ストローク 23mm
ストローク数(毎分) 500~3,100回
傾斜切断 左右0~45度
機能・特色 オービタル機能
ブロア機能
カバープレート付
曲線・平行ガイド付
説明書(PDF) ダウンロードする
評価ページ 商品レビューを見る
Amazon 15,091円
最安値を探す

7. BOSCH GST90BE/N

タイプ プロ用ジグソー
商品画像
モーター 100V 620W
切断能力 90mm(木材)
ストローク 23mm
ストローク数(毎分) 500~3,100回
傾斜切断 左右0~45度
機能・特色 オービタル機能
ブロア機能
説明書(PDF) ダウンロードする
評価ページ 商品レビューを見る
Amazon 15,200円
最安値を探す

8. マキタ 4350FCT

タイプ プロ用ジグソー
商品画像
モーター 100V 720W
切断能力 135mm(木材)
ストローク 26mm
ストローク数(毎分) 800~2,800回
傾斜切断 左右0~45度
機能・特色 オービタル機能
ブロア機能
LEDライト
カバープレート付
説明書(PDF) ダウンロードする
評価ページ 商品レビューを見る
Amazon 29,963円
最安値を探す

ジグソーブレード 替刃を探す

消耗品である替刃は、なるべく安く入手したいところだ。

ジグソーブレードの替刃については、以下のページで詳しく解説をしている。

ジグソーガイドを探す

ジグソーガイドは、標準付属されていないことが多い。

そこでこの項では別売品である、BOSCH製、マキタ製、ハイコーキ製の純正ジグソーガイドをご紹介したいと思う。

どれも円切りと直線平行の、兼用ガイドとなっている。

円・直線 兼用ガイド 別売品
メーカー 品名・品番 最安値を探す
BOSCH
2,211円
円曲平行ガイド
2608040289
マキタ
1,110円
定規セット品
(円切り兼用)
193516-3
ハイコーキ
2,200円
ジグソー用ガイド
321593

直線定規を探す

一般的な直線定規は、もちろんジグソーでも活用することができる。

その他の電動工具とも併用できる直線定規にについては、以下のページで詳しく解説をしている。

サンダーで切断面をサンディングする

ジグソーでカットした材の断面を、キレイにサンディングするにはサンダーが不可欠だ。

凸面、凹面のサンディングには、添え置型のベルトディスクサンダーやスピンドルサンダーが有効だ。

手持ちのサンダーであれば、ランダムサンダーとマルチサンダーが効果的だ。

サンダーについては、下記のページで詳しく解説をしているので、ぜひ参考にしてほしい。

まとめ

ジグソーの選び方について解説をした。

ジグソーは、木材カットの幅を広げてくれる切断工具だ。

この記事を参考に、あなたにとってベストなジグソーを、ぜひ見つけ出してほしい。

スポンサーリンク

買う前に絶対にやろう!超お得なamazonギフト券のチャージ

Amazonギフトチャージを活用する

Amazonはクレジットカードよりもギフト券をチャージし支払いをする方がお得だ。

チャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえるからだ。

特にAmazonプライム会員の方には「利用しない理由がない」とまで言い切ることができるだろう。

チャージしたポイントは10年有効なので期限切れの心配もない。

下記のリンクをクリックすると簡単にチャージすることができる。

ぜひ活用してほしい。